バラを育てる
初心者のためのバラの育て方
rosegarden.ibp-se.com

留守中の水やりも安心!
留守中の水やりも安心!自動水やりマシン自作マニュアル!
life-kaiteki.com/kozou

ガーデニング講座
3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」
www.1yasai.com



2009年02月22日

チューリップの気になること −球根の分球−


2月です。
秋に植えたチューリップも順調に育っている頃かと思いますが、最初に出た芽の脇に小さな芽が出てきて「あれっ?」と気になったりしていませんか?一般的なチューリップであれば、球根1個につき、芽(花)は1つなので、2つ出てくるとおかしいなって感じますよね。


小さな新しい芽が出ててくるのは球根の分球が原因です。分球とは文字通り球根が分かれることです。

チューリップの球根は分球して増えるものなので、分球自体は悪いことではないのですが、この時期は浅く植えてしまったことの影響による分球で、小さくいくつも分かれてしまい、翌年花の咲く大きさの球根が育ちにくくなってしまいます。

小さい球根も2、3年しっかり育てれば花が咲く大きさになってきますが、できれば花は毎年見たいものです。
球根を植えるときは、チューリップの球根の大きさの3個分位の深さに植えましょう。そうすると分球しにくくなり球根育成中の栄養分が集中しますので、球根が大きく成長します。


「鉢植えだと深く植えられないのですが・・」と言う声も聞こえてきそうですが、その通り、鉢植えだと深く植えると根が伸びるスペースがなくなり、かえって育たなくなってしまいますので、よほど大きな鉢でなければ浅く植えるしかありません。

鉢植えのチューリップの球根はもったいないですがその年限りと考え、翌年は新しい球根を購入するのが無難です。


ところで冒頭に出たチューリップの小さな芽ですが、春に花が咲くかどうかはあまり期待できません。
咲いたら儲けもの程度に思っていた方がよさそうです。
posted by かめちゃん at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | チューリップの育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年01月21日

万博公園(大阪府)

●見所など

自然文化園のチューリップの花園で行われる万博公園チューリップフェスタでは
10万本のチューリップが楽しめます。
2008年のチューリップフェスタではカフェでチューリップフェスタスペシャルメニューが
食べられたり、「太陽の塔」のフワフワバルーンが登場しました。


●期間

万博公園チューリップフェスタは4月中旬頃開催。
2008年は4月12日(土)から4月27日(日)まで。


●入園料

大人/250円、小中学生70円
(自然文化園/日本庭園共通、団体割引あり)


●住所/アクセス

〒565−0826
大阪府吹田市千里万博公園1−1

大阪モノレール「万博記念公園駅」または「公園東口駅」下車すぐ。
中国自動車道吹田ICからすぐ
(参考:万博記念公園駅中央口からチューリップの花園までは徒歩約20分)


●問い合わせ

万博公園 総合案内所
TEL:06−6877−7387
MAIL:info@expo70.or.jp


●関連URL

−独立行政法人 日本万国博覧会記念機構−
http://www.expo70.or.jp/
万博公園を管理する日本万国博覧会記念機構の公式サイト。
万博公園の施設情報、イベント情報はこちらで確認できます。


●チューリップとは関係ないけど・・

自然文化園を散策してちょっと疲れたら「森の足湯」で休憩しましょう。
無料で楽しめます。(タオルは100円)
また、万博公園といえば「太陽の塔」ですよね。
この太陽の塔を中心とする広大な敷地に自然文化園以外にも
日本庭園、各種スポーツ施設、文化施設などが盛りだくさんです。



posted by かめちゃん at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | チューリップの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年01月11日

くりはま花の国(神奈川県)

●見所など

6種類3千本のチューリップがなんと冬の時期に楽しめます。
球根に特殊な冷凍保存処理をしたチューリップ(アイスチューリップと言うそうです)が、
ウィンターイルミネーションのイベント時期にあわせ開花しています。
1月中旬頃までが見ごろです。


●期間

ウィンターイルミネーションは11月中旬から1月中旬に開催。
2008年は11月15日(土)から翌年1月12日(月)まで。
チューリップは11月下旬に植え付けを行い1月頃開花。


●入園料

無料


●住所/アクセス

〒239−0832
神奈川県横須賀市神明町1

JRまたは京浜急行久里浜駅から徒歩約15分
駅からバスでハイランド方面に乗車し煮則、尻摺坂下で下車徒歩8分
東京湾フェリー久里浜港から徒歩約10分
横浜・横須賀道路佐原ICから約10分


●問い合わせ

くりはま花の国 ハーブ園管理事務所
TEL:046−833−8282
MAIL:info-kurihama@kanagawaparks.com


●関連URL
−くりはま花の国−
http://www.kanagawaparks.com/yokosuka/kurihama/index.html
くりはま花の国の公式サイト
くりはま花の国で行われる各種イベントや教室の情報が掲載されています。


●チューリップとは関係ないけど・・

くりはま花の国のメインは100万本の春のポピーと秋のコスモスです。
見頃はポピーが5月中旬から6月上旬、コスモスが9月中旬から10月下旬です。
一年中楽しめるのは首都圏最大級のハーブ園で、
カフェレストランではハーブを使った料理が楽しめます。
また無料のハーブ足湯もあります。



posted by かめちゃん at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | チューリップの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年01月08日

季節はずれのチューリップ

お正月に私の実家に行くと、いつも花が生けてあるのですが、
今年は千両といったお正月の定番の草花と一緒にピンクの
チューリップが生けてありました。


チューリップの花は普通に育てると地域や品種により差はあるものの
だいたい3月〜5月頃、いわゆる『春』に咲きます。


実家にあったチューリップは生け花としてはかわいらしく
とても素敵だったのですが、チューリップのベランダ栽培真っ最中の
私にはこの真冬のチューリップにはちょっと違和感を覚えました。


ただ、その後、毎日通る道沿いにある花屋さんやイトーヨーカドーの
花売り場にもチューリップの鉢植えがおいてあるのを見て、
ある意味この時期は温室チューリップの最盛期なんだなと思いました。


この寒い時期にチューリップの花を咲かせるには促成栽培をします。
チューリップの球根が出回り始める9月から2ヶ月程度冷蔵庫で
擬似冬を体験させて、15℃程度の環境に植え付け、1ヶ月程度して
根がのびたら、春の環境の温室に移すとぐんぐんのびて花が咲きます。


あと、こちらのページで紹介したチューリップ四季彩館では
一年中チューリップの花がみられるそうなので真夏の時期にも
チューリップが楽しめます。こちらは抑制栽培でしょうか?


うーむ。


技術の進歩により野菜や果物、花、なんでも一年中手に
入れられるようになったのは素直にすごい、素晴らしいと感じますが、
反面季節感が薄れてしまったのはちょっと淋しく感じます。
そんなときは自分で育ててみるしかないですね。


posted by かめちゃん at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | チューリップあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月23日

チューリップを植えましょう3 −忘れないで!!−


チューリップは1年を通して季節に応じたお世話が必要な花ですが、花の咲く時期以外は変化が少ないせいか、いろいろと忘れてしまうことがあります。


1つめは「球根の植え付け」

春に咲く花ですが、球根を植えるのはだいたい10月〜12月なので、花壇などでチューリップを見て育てたいと思っても秋になるまで待たなくてはならず、その間にチューリップのことを忘れてしまいがちです。

それをクリアして、9月に店頭で球根を見かけて購入しても、暖かい地域ではすぐに植えることができないので、涼しくなるまで待っている間に忘れてしまうケースもあるようです。

さらに前の年にチューリップを育てている人でも6月に掘りあげた球根を秋に植えるのを忘れてしまったりします。

植え付けを忘れてしまうと保管が非常に難しくなるので家にある球根の植え忘れには特に注意しましょう。


2つめは「水遣り」

球根の植え付け後は球根を掘り上げるまで水遣りが必要になります。

ただ水をやりすぎると球根が腐ってしまうので表面の土が乾燥してきたころを見計らって水遣りします。

毎日ではないのでつい忘れがちです。
特に芽がでる前の見た目に何の変化もない時期(1〜2ヶ月続きます)は気をつけて下さい。


3つめは「球根の掘り上げ」

チューリップの花が終わって葉が枯れるまで球根を育てたら球根の掘り上げをしましょう。

植えっぱなしでも大丈夫な場合もありますが、夏の高温多湿で腐ってしまう可能性が高いです。
posted by かめちゃん at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | チューリップの育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。