バラを育てる
初心者のためのバラの育て方
rosegarden.ibp-se.com

留守中の水やりも安心!
留守中の水やりも安心!自動水やりマシン自作マニュアル!
life-kaiteki.com/kozou

ガーデニング講座
3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」
www.1yasai.com



2009年03月19日

チューリップを植えましょう4 −強風にご用心−


チューリップは順調に育っていますか。
3月も中旬になり、首都圏では気温も上がってきてすごしやすくなってきました。
チューリップもすくすく伸びて、早くつぼみが出てこないか楽しみにな状況ですね。
開花までもうちょっとの我慢です。

この時期のチューリップの育て方で気をつけたいのは乾燥させすぎと強風。

『乾燥』についてですが、冬の時期はどちらかというと水のやり過ぎに気をつけていたかと思いますが、温かくなってきて葉も成長してくると水分の蒸発が多くなってきますので、今度は乾燥に気をつけましょう。
もちろん水のやり過ぎは引き続きだめです。
露地植(花壇植)にして来年の球根を育てる予定の場合は水やりと併せて肥料やりも忘れないようにして下さい。1〜2週間の間隔で液体肥料をあげます。

『強風』については見過ごしがちなポイントですが、気をつけないとショックが大きい事態になってしまいます。
この時期は「春の嵐」という言葉もあるくらいで風の強い日がわりと多いです。
背丈の伸びてきたチューリップの葉、特につぼみのついた茎が折れてしまわないように植木鉢の置く場所を変えたり、風よけをつくってあげましょう。
昨年の秋から何ヶ月も大事に世話をしてきたのに、ここでチューリップが折れてしまっては台無しです。泣くに泣けません。

かわいい花が開くまであと一息ですのでがんばって育てましょう。

posted by かめちゃん at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | チューリップの育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115894881
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

0C10E50FC0EA0C30D70B70FC0AF0EC0C30C8997091
Excerpt: チューリップとにかく気になります。チューリップについて毎日検索してしまうのです...
Weblog: チューリップ
Tracked: 2009-03-20 21:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。