バラを育てる
初心者のためのバラの育て方
rosegarden.ibp-se.com

留守中の水やりも安心!
留守中の水やりも安心!自動水やりマシン自作マニュアル!
life-kaiteki.com/kozou

ガーデニング講座
3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」
www.1yasai.com



2008年09月18日

チューリップの育て方3 −開花から翌年に向けて−

次の年にもチューリップの花を咲かせる為に球根を育てましょう。



●チューリップの球根を育てるには肥料が必要

チューリップの花が咲く前は1月以降に芽がでてから1〜2週間の間隔で液体肥料を与えます。

花が咲いたら1ヶ月に1度位緩効性の化成肥料を置くと良いでしょう。
園芸店では球根用の肥料というのも売られています。



●花をいつまでの残さない

チューリップの花は数日楽しんだら切り取ります。

切るときにハサミやカッターを使うと、病気にかかりやすいので、手で摘み取ったほうがよいようです。

チューリップの花をいつまでも残しておくと、種ができてきて球根の栄養を奪い小さくなってしまいます。
葉は必ず残しましょう。



●花を切り取った後は?

花を切り取った後も水やりと肥料やりを続けます。
その間に球根が育ちます。

6月下旬ごろまでには残った葉と茎が枯れてきますので、球根を掘り上げましょう。

土を取り除いて、葉と茎を残したまま1週間程度風通しのよい日陰で乾燥させます。
乾燥前に球根の消毒を行うと病気にかかりにくいようです。

乾燥したら葉と茎を取り除き、小球を分けてネットなどに入れて風通しのいい日陰で植えつけ時期まで保存します。



●鉢植えでは球根は育ちにくい

プランターや鉢植えの場合は球根が育ちにくく、小さくなることがあります。

小さい球根は翌年花を咲かせない場合がありますが、花が咲いているときと同様に育てるのを2〜3年繰り返すと球根が大きくなっていきます。

この場合は時間がとてもかかるので、毎年チューリップの花を楽しみたいときは新しい球根を購入した方がよいでしょう。
posted by かめちゃん at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | チューリップの育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、
小生、8年前帯広から40km北の町に
関西から移住して、素人ながら趣味として、庭にいろいろな花の栽培に挑戦している者です。
一昨年、球根をスーパーで買ってきて地下植えしました。
二年間、そのままにしてよいと忠告されましたので、植えっぱなしの状態で今年も花が
無事開花したのですが、困ったことが起こりましたのでその原因を教えていただきたく
メールしました。
家の進入路の道幅(2m)はさんで、30m南側と北側に植えました。南側の花は理想通り満開ですが、北側の一部分(10m)だけ葉の成長が極端に悪く、つぼみが枯れているのです。
肥料らしい肥料は北側も南側もやっいてません。
北側の10mだけが咲かないというのは、どこにその原因があるのかわかりません。よろしかったらお教えいただきませんか。

6月、同じ地に、マリーゴールドを植えようと考えているのですが、昨年のことなんですが、8月頃マリーゴールドも同じく北側の同じ場所10mが成長が悪く枯れてしまうのです。花と言うよりは木、本体が成長しません。

よろしくお願いします。

Posted by 松本圭二 at 2009年05月22日 10:12

松本様

はじめまして。管理人のかめちゃんです。
お返事が遅くなりすみません。

北側だけチューリップやマリーゴールドの生長が悪いとのお話ですが、
日当たりや土の状態などは南側と同じでしょうか。

南側は理想通りとのことですので、原因は地域的なものではないと思います。
日当たり、風当たり、土の状態(水はけ、硬さなど)など、
南側の状態に近づけるよう対策されてはどうでしょうか。


Posted by かめちゃん at 2009年06月24日 05:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。