バラを育てる
初心者のためのバラの育て方
rosegarden.ibp-se.com

留守中の水やりも安心!
留守中の水やりも安心!自動水やりマシン自作マニュアル!
life-kaiteki.com/kozou

ガーデニング講座
3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」
www.1yasai.com



2008年09月20日

チューリップの育て方1 −球根選びと土−

●どんな球根がいいの?

9月になるとチューリップの球根が花屋さんに並び始めます。
チューリップにはいろいろな品種があるので、ラベルの写真で好みの花を探してくださいね。

大きく、ふっくらして重たい(中身が詰まっている)球根が良いので同じ種類の球根で比べてみましょう。
(品種が異なると球根の大きさが変わります)。

小さい球根は花が咲かないことがありますが、小さすぎるものがお店で売られていることは滅多に無いと思います。

また、カビが生えていないかどうか、傷が無いかどうかもチェックします。
茶色の薄皮がとれている程度の傷は問題ないでしょう。



●球根は何個ぐらい?

チューリップは普通1個の球根で花は1つです。
たくさん咲いたほうが豪華に見えて楽しめますので、少なくとも10球ぐらいは用意してみましょう。

違う種類ではなく、同じ種類でそろえた方が咲いたときにキレイです。

プランターや植木鉢で育てる場合も密集させて植えることができるので、たくさん球根を用意しましょう。



●土や肥料は?

チューリップをプランターや鉢植えにする場合はチューリップ用に配合された土を用意するのが簡単です。一般園芸用の培養土でも十分です。

花壇の場合は良く耕して土をやわらかくし、化成肥料を混ぜます。

花を咲かせるだけでしたら追加の肥料は無くても大丈夫です。
球根の栄養だけでも育ちます。

次の年もチューリップの花を咲かせたい場合は、球根を育てる為に肥料が必要ですが、プランターや鉢植えでの栽培では球根が育ちにくいので球根を買いなおす方がよいでしょう。
(詳しくはチューリップの育て方3にて)
posted by かめちゃん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | チューリップの育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。