バラを育てる
初心者のためのバラの育て方
rosegarden.ibp-se.com

留守中の水やりも安心!
留守中の水やりも安心!自動水やりマシン自作マニュアル!
life-kaiteki.com/kozou

ガーデニング講座
3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」
www.1yasai.com



2008年09月19日

チューリップの育て方2 −植え付けから開花まで−

●いつ植える?

チューリップの花は3月下旬〜5月に開花しますが、開花の為には冬の寒さが必要であること、本格的な冬に入る前に根がはっていた方がよいこと、暑さには弱いことなどの理由で植え付けは10月〜12月に行います。

球根は9月頃から出回りますが、チューリップは寒さには強いですが、暑さにはとても弱いです。十分涼しくなってから植えましょう。



●球根の消毒

球根の腐敗や病気予防の為に植え付け前にできれば消毒をしましょう。

買ってきた球根であればラベルに消毒済みかどうか記載があるので確認しましょう。
消毒剤(オーソサイド水和剤など)は園芸店で購入できます。



●どれくらいの間隔?深さ?

球根を植える間隔は球根1〜3個分です。
チューリップは密集させてたくさん植えた方が花が咲いたときにキレイです。

プランターや鉢植えの場合は植える面積も狭いので球根1個分ぐらいの間隔で植えてみましょう。

深さは花壇の場合は球根2、3個分の深さに植えますが、プランターや植木鉢の場合は根の成長するスーペースを確保する為に、少し球根の頭が出るぐらいの浅めに植えます。
プランターや鉢植え自体もある程度深さのあるものを使いましょう。



●花が咲くまでのお世話は?

植え付けの時はたっぷり水を与えますが、以降は土の表面が乾いたら水やりをします。
水のやりすぎは球根が腐る原因になります。

チューリップの花を1度咲かせるだけの場合は必要ありませんが、来年も花を咲かせる為には球根を育てなければなりません。芽が出てから追肥をした方がよいでしょう。
(詳しくはチューリップの育て方3にて)
posted by かめちゃん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | チューリップの育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107131692
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。